今拓哉さん今後のお仕事情報リンク

2010年08月13日

ある日の観劇の時に

「LOVE OF SEVEN DOLLS」を観劇したある日のこと、友人の先輩にばったり会いました。いつもと違って眼鏡をかけていたので、すぐに分からなくて、なんだか悪い事になっちゃいました。後から、「観てたんだよ」的な連絡を受けてしまいました。お目当てが今拓哉さんだってこともバレてました。(爆)でも何ヶ月ぶりに会えてちょっと嬉しかったような。で、友人のほうにはあまり会ってないんですよねぇ。たまには会えるといいんだけど、なぜかその友人関連の知り合いばかりに劇場とかで会う事が多くて、恥ずかしいような。でも、覚えていてくれるのでちょっと嬉しいかなぁ。だけど、「あれ?!ムラじゃないの?」みたい顔されちゃうのは、ちょっと気恥ずかしいです。まるで浮気してるみたいでね。ホントに世間は狭いです。けど、なぜ私の通っていた中学や高校の元先輩やら同級生ってよく観劇してるんだろうと不思議に思います。確かに小学校の頃は芸術観賞が毎年のようにミュージカルでしたけどねぇ。あと宝塚好きなコが中学高校の頃はいましたねぇ。あとは、音楽の先生がやたら四季が好きでした。(笑)この影響なのかなぁ。でも、舞台を見に行くたびに知り合いに会うと、まるで姑がいるみたいです。
posted by HIROKO at 03:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々な舞台関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月30日

新国立バレエ「椿姫」

新国立バレエのオリジナル作品の「椿姫」を観て来ました。初演を観た時より、感動し過ぎて泣きました。酒井はなさんのマルグリットは、しっかりした感じと純粋無垢なところがあるマルグリットでした。初演よりも弱さも強さも感じました。山本さんのアルマンは、嫉妬に狂った姿が印象に残りました。あとは、美しい楽曲に素晴らしいコールドと、言い尽くせない程の素晴らしい舞台でした。
posted by HIROKO at 22:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 色々な舞台関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

「モリー先生との火曜日」

こちら、土居裕子さんバージョンの感想です。と言っても、あまりしっかり見ていられずに終わりました。聴いてはいたのですが、眼は今さんのほうにくぎづけだったのでね。(^_-)-☆ラジオ版であった曲と違うので、「あの曲が聴きたかった」と思う事もありましたけど、なかなかよかったです。モリー先生に歌ってあげた曲、格好よかったです。ミッチな今さんとのデュエットも素敵でした。
posted by HIROKO at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々な舞台関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

OGエンターテイメントNAVI#68で

二月明治座公演「天障院篤姫」についてありました。香寿たつきさんと遠野あすかさんの対談と、少しだけ御稽古場風景が映りました。主な出演者の方々が一人ずつ映っているのが小さくありました。これを見ていると、観劇する日がとても楽しみになります。もちろん、今さんも映ってましたよ。おまけに「今拓哉」と字幕もありました。一人で台詞を言っているところでした。それにしても、かなり出演者の多い舞台みたいで、座っている人の多い事にびっくり!しました。後は、あすかちゃんがお稽古期間の短い事を話していた事が印象に残りました。退団後初めての舞台、御身体に気をつけて頑張って欲しいです。何しろ休演日なしでの公演ですのでね。
posted by HIROKO at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々な舞台関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

「篤姫」関連で

OGエンターテイメントナビで、製作発表の模様と遠野あすかちゃんのインタビューが流れました。やはり、あすかちゃんは可愛いです。カツラも衣装も似合っていました。レプリークでの白羽さんとの対談で話がちらっとありましたが、「花供養」を思い出しました。となみちゃんも似合っていたけど、あすかちゃんもかなり似合ってますね〜!来年に観に行くのが楽しみです。
posted by HIROKO at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々な舞台関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

「モリー先生との火曜日」

今度は、ジャニーンが土居裕子さんです。ハイ!かなり嬉しいです。小原さんとのジョイントコンサートで、「モリー先生との火曜日」の波のお話がありましたし、再び土居裕子さんのジャニーンに会えるのは嬉しいです。
posted by HIROKO at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々な舞台関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

舞台関連と言うか

今更ですが、東宝ナビザって先行発売(先着順)があるんですね!今頃になって知りました。この頃、あまりナビザを使ってなかったので。(^^;まぁ、久しぶりに東宝ミュージカルを観るので仕方ないですけどね。そうそう!先日、「魔笛」の案内があって、お亡くなったのに若杉さんの名前がそのまま載っていて驚きました。先月だったのに、すっかり忘れられているのでしょうか?
posted by HIROKO at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々な舞台関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

「天翔ける風に」かTSミュージカルのカテゴリかな?

長い題名ですが、TSミュージカルのカテゴリが必要になりそうです。OGエンターテイメントナビを見てましたら、「天翔ける風に」についてやってました。タータンさんと謝先生と才谷役の俳優さんのインタビューがあり、お稽古風景もちらっとありました。平澤さんの志士ヤマガタがちらっと映ってました。広いお稽古場に移る前のお話のようでした。TSダイエットの話題があり、チラチラと変更点の話題があったりしました。なかなか今回の再々演は楽しみです。6年ぶりのタータンさんもたのしみです。やっぱり、「ええじゃないか」の場面が楽しみです。
posted by HIROKO at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々な舞台関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

うわぁ、となみちゃんだぁ

久しぶりに東宝の公式ホームページをのぞいたら、「シェルブールの雨傘」のチラシが載ってまして、びっくり!しました。金髪のとなみちゃんを見るのは、ブレンダちゃん以来のような気がしました。あ、マルキーズ役の時も金髪でしたっけ?もう忘れてました。(^^;ド・ヌーヴと同じ役をされると思うと楽しみです。今のところ、観に行くつもりです。まぁ予定は変わりやすいのですけどね。12月は用事が出来やすいですし。でも、行きたいなぁ〜。
posted by HIROKO at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々な舞台関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

チャーリーは出ないけど

今週末は「もと夫婦」を見に行きます。何だか不思議な気分です。前にもこんな事はありましたが、その時とは気持ちも違います。代わりに演じる方は、美郷真也さんですし。あまりよく知らないのでドキドキです。
posted by HIROKO at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々な舞台関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

この頃観た舞台は

しばらく体調を崩してブログのほうもホームページもほったらかしておりました。「AKURO 悪路」は千秋楽を観に行けず、結局は5回しか観てないです。なんだかちょっと寂しい気分です。でも、ものすごくパワフルな舞台を観れて楽しかったです。吉野圭吾さんは「屋根の上のヴァイオリン弾き」や「ダンス・オブ・ヴァンパイア」のイメージしかなかったのでとても新鮮でした。駒田一さんも同じくです。(笑)で、私としては平澤さんがツボでした。声もダンスも殺陣も格好良かったです。かなりクサい台詞を言ってるところも好きでした。「死を恐れない男は嫌いじゃない。だから信じる事にした」というところが大好きでした。今さんに関しては語り始めたらきりがないのでやめておきます。田村麻呂と田村丸のギャップが好きでした。作品としても大好きでした。それに殺陣が良かったです。まるで観ていて、ある時代劇系の映画のようだったりするのが良かったです。そして、11月になって宝塚花組の全国ツアーも観て来ました。ショーの「エンター・ザ・レビュー」は楽しかったです。「うたかたの恋」は、あまりよくわからないうちに終わってしまいました。プロローグの舞踏会場面とかのダンスシーンは観ていて綺麗でした。お芝居はそれほど感動しなかったけど、ショーで満足って感じでございました。「AKURO」を観た後だったからかもしれないですけど。次は雪組公演を観に行く予定です。そして、「Mr.PINSTRIPE」も観に行く予定です。体調を整えてきっちり観に行きたいと思ってます。
posted by HIROKO at 22:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 色々な舞台関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

来年のことを考えると

観に行きたい舞台を書き出してみました。雪組「エリザベート」も帝劇「マリーアントワネット」も帝劇「レ・ミゼラブル」もちょこっとずつ重なって公演されている状態になるみたいですね。ちなみに雪組は大劇場公演も東京公演も含めてです。メモ帳に書き出してみたら、驚きました。「レ・ミゼラブル」と雪組公演が重なって来るとは思ってましたけど、よもや「エリザベート」とはびっくりしました。そーいえば、ホームページのほうの今さんや匠さんの今後のスケジュールを更新しなきゃっ!と思ってます。近々、更新します。ま、それほど情報はないんですけどねぇ。(笑)
posted by HIROKO at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々な舞台関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

宝塚と名古屋へ行って来ました。

宝塚バウホールでの雪組エンカレッジコンサートと中日劇場での「十二夜」を観て来ました。どちらも楽しかったです。で、お目当ての生徒さんは「オペラ座の怪人」の曲と「花吹雪恋吹雪」を歌っておりました。ほんとに歌が好きなんだなぁと思いました。で、他の方のこともベラベラと語りたいのですがまた今度にします。そして「十二夜」を観て来ました。もう楽しくって楽しくって仕方なかったです。驚いたのはセバスチャンって王子様だったんですね。帰りの新幹線の中まで気がづかなかったです。でも今さんのセバスチャンは男性の演じるコスチュームとしては美しすぎました。ほんとにこの世で生きるには美しすぎます。男の友情っぽい場面も妹想いの場面も恋をしちゃう場面もあって楽しいです。お歌も素敵でした。やっぱり兄妹が再会する場面は泣いてしまいました。本当に感動的でした。そう言えば、今さんのセバスチャンって誰かに似ていません? ほらっ、「アニメ三銃士」のアラミスとか「天空のエスカフローネ」の天空の騎士さんとか(名前が定かでないので書けないのですがねぇ。)。「十二夜」もまだまだ語り尽くせないですし、また書きます。
posted by HIROKO at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々な舞台関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

「ダンス・オブ・ヴァンパイア」観て来ました

17日12時公演の「ダンス・オブ・ヴァンパイア」を観て来ました。剱持たまきさんのサラと泉見洋平さんのアルフレートのヴァージョンです。ロックだと思いきや、ワーグナーオペラとイタリアオペラを混ぜたような世界でした。そりゃ聴いた感じはロックミュージカルなんですがねぇ。音の作りが「こいつワーグナーオタクだな」と思わせるところが満載の楽曲ばかりでした。これはオペラ好きにも受け入れられる作品だと思いますし、ミュージカル好きもロック好きも...はたまたは東京ディズニーランドのパレードで一緒に騒ぐのが大好きな人間も大好きになれると思います。曲の事はさておき、もう最初から「アルフレート、きゃわいい〜!」と思うほどヘッポコな助手くんでした。最初の歌の「プロフェッサー!!」という叫び声が可愛いんですわぁ〜。サラは、何でも興味を持つ年頃と言った感じで・・・。サラとアルフレートのデュエットはとても素敵でした。そして何よりも全体的にダンスシーンが格好良くてみていて楽しかったです。あのアルフレートの化身の方、周囲のヴァンパイア系の皆さんと違ってあたかも王子様系の動きをするものでビックリでした。だけどクラシック系の王子様じゃないんですけどね。なんせアルフレートなんですし...。で、吉野圭吾さんのヘルベルトは目をのやり場に困るようなお衣装を着てらっしゃる場面があったり...。かなりゲイっぽくてビックリでした。ゲイであってオカマじゃなかったです。(爆)そして市村さんの教授!、コミカルで面白かったです。そいえばある方が「市村さんは◯◯才と思えないほど身体が柔らかくて」とお話されてましが、その身体の柔軟性がかなり生かされていたように思いました。観た感想をもっと語りたいですけど、まだまだ興奮覚めやらずなもんで文章に収まりきれないです。続きを読む(ちょいと思った事)
posted by HIROKO at 08:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 色々な舞台関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

チラシが届いて・・・びっくり!

昨日、ポストにどど〜んとTS応援団から届いた代物がびっくりしちゃいました。透明の袋なのでチラシが丸見えなんですわ〜。慌てました。(笑)人目につかないうちに手元に持って来れたので、ひとまず安心です。あれが見つかってしまったら恥ずかしいです。男性の方はみ〜んなどこかしらに毛皮をどこかしらにくっつけています。ど〜なっちゃうんだか想像もつかないです。今さんが御髪が長いです。もちろんカツラか何かだとは思うんですがね。そして、ココがポイント!「眉間のしわ」付きです。思わず、じ〜っと眺めちゃってます。チラシに穴があくほど眺めています。「いつもと眉の描き方とか違うなぁ」とか見入っちゃったりと。(^^;)チラシで気になる事は背景に文字が色々書いてあるんですが...何なんでしょうね?!漢文で書かれたもののように見えるんですが。内容もな〜んとなく見える程度で、何だかちょっと御芝居の内容と関係ありそうな雰囲気で面白いです。
posted by HIROKO at 13:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 色々な舞台関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

今後のお仕事情報

今、新歌舞伎座のホームページを見てきたところ出演者のところに匠ひびきさんの名前が載っていたので。ハイ!これで、1つ目は解禁ですね。(笑)6月2日から26日までの藤山直美さん主演の「妻をめとらば」に出演されるそうです。あともう1つ、こちらはBBSのほうにも掲載しておきましたが今拓哉さんの今後の出演情報です。8月3日〜27日中日劇場で大地真央さん主演のミュージカル「十二夜」です。今さんの役はチラシからは判断不可能のような格好で。きっと双子の兄の役なんでしょうけれど。(^^;)そいえば、このチラシに見覚えが!と思いましたら愛華みれさんのお衣装を着た映見くららちゃんですね!(笑)という事はくららちゃんが愛華さんの役をされるということですね。そりゃすごいわ〜!なんか東京宝塚劇場で「うわ〜、ドレス着てるタモさんだ〜」とチラシを手に取ってみた記憶が思い出しました。こうなると、どこかを控えないとならないようですねぇ。困った事になりました。「ミー・アンド・マイガール」も1回見る事にしちゃったし、「ダンス・オブ・バンパイア」は1回は見たいし。困りました。(笑)う〜む、「レ・ミゼラブル」をもう少し抑えめにするべきだったのかな?!とか考えてしまいました。でも、あの今さんのジャベールはどこまででも観に行きたくなっちゃう私なのでした〜。
posted by HIROKO at 02:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 色々な舞台関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

このごろは

4日は「屋根の上のヴァイオリン弾き」を観て、5日は宝塚花組公演を観てました。あ、あと7日にも宝塚花組公演の貸し切り公演を観てました。色々ってほどは観てないですが、いっぺんに扱おうと思ってこっちにしました。(笑)「屋根の上のヴァイオリン弾き」は思っていたよりも面白かったです。市村さんのテヴィエに感動しました。本当に「Bravo!」と叫びたかったです。初日が市村さんにとっては100回目の公演となるということで、上からお祝いのボードみたいのが降りてきました。そしてモーテル役の駒田さんの司会で花束贈呈やお祝いの言葉やご挨拶等がありました。メモ取り忘れたので感想等のところにアップもできないのですが。(^^;) それでツァイテルのチャーリー(匠ひびき)さんはどんなだったかというと、しっかり者の長女といった雰囲気な役でした。結婚後はホントしっかりしてるし、ちゃんとモーテルを尻に敷いてるなって雰囲気でした。(笑)でも可愛らしい雰囲気もありました。結婚式の場面はとても花嫁さんのイメージがとても可愛らしかったですし、3人姉妹での場面のところもキュートなイメージでした。9日にまた観て来るのでもっとしっかり書けると思ってます。あと剱持たまきさんのホーデルがとても印象的でした。可愛くて聡明でというイメージがしっかりして、自分でしっかり道を選んで進んでゆくところが見えてとても素敵でした。パーチックにプロポーズされるのを待っていたといった感じの場面もとても良かったです。いつもながら剱持さんの歌声も素敵でしたし、9日に見るのが楽しみです。で、5日の花組公演のほうは楽しかったです。2回目の観劇だったので、やっと余裕もでてきて下級生チェックもできました。7日の貸し切り公演はショーの服部良一メドレーでは眼鏡っこがいっぱいで可愛くて面白かったです。あと悠真倫さんと眉月凰さんがちょっと面白い髪型をして「送り狼」のところの後ろで踊ってました。後の服部良一メドレーでも同じ髪型だったと思いますが、あそこの場面での踊ってる姿が印象的でした。ちなみに貸し切り公演の司会の方はチャーリーさんと同期生にあたる方でした。ちょっとびっくりしました。(「花組には同期の大伴れいかがいます」とおっしゃっていたので分かったのですが...。)で、花組公演はこの日が最後の観劇でした。これからしばらくは「屋根の上のヴァイオリン弾き」を観る予定くらいしかないです。(笑)そして次は「レ・ミゼラブル」です。観劇予定はちょっぴり減ります。
posted by HIROKO at 01:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 色々な舞台関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

新国立劇場2006/2007シーズンの演目発表!

新国立劇場の次シーズンのラインナップが出ました!!こちらでは舞踊(バレエ)のほうだけのお話です。オペラは音楽のほうで扱おうと思ってます。まずは「白鳥の湖」(新制作)です。ということは再演ではないので、とても楽しみです。おまけに酒井はなさんのオデット&オディールも予定されてます。そして嬉しい事に「シンデレラ」がまたあります。今年の12月だそうです。王子様の山本隆之さんが観れるはずと思うのでこれも楽しみです。以前に拝見した時はちょっと不調の時だったのでちょっぴり残念だったので...こんどこそ!と。あとシンデレラの酒井さんが観れるのですね。これはマクドナルドナイトじゃないといいなって心から思ってます。半額になると激戦ですからね。ま、いつも狙ってる席は激戦区ですけど(笑)他にも見たくなる演目がいっぱいです。「オルフェオとエウリディーチェ」をバレエにするんですねぇ。それも観てみたいです。私の頭の中には「エウリディーチェを失って」というあの曲がぐるぐる回ってます。歌いたいくらい大好きな曲です。アルトというかカウンターテナーのヨッヘン・コヴァルスキー氏がよく歌ってましたねぇ。あの方はいまごろどうされてるんでしょうか?!とても美しいアルトだったんですけどねぇ。ま、それより何よりも「ライモンダ」も「眠れる森の美女」も「コッペリア」もあるシーズンが発表されてびっくりです。シーズンテーマは「クール&エレガンス 新国立劇場バレエ団」だそうです。私も負けずと「クール&エレガンス」で頑張りたいと思います。(って、無理があるかもしれませんがね...)
posted by HIROKO at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々な舞台関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

キャストスケジュールが発表されてました。

「ダンス・オブ・ヴァンパイア」のキャストスケジュールが公式ホームページに載ってました。ざっと見渡していて・・・ちょっぴり安心しました。ま、どうにか総当たり戦ですね。ない組み合わせとかあったりするかとドキドキしてました。ってダブルキャストくらいであったらそれこそ不思議ですけどね。(笑)なるべくなら泉見さんと剱持さんの組み合わせで観たいです。あとはチケットが取れるかどうかですね。それと色々な事が重なってこないと良いなと思ってます。他にも観たい舞台もありますし、色々な事もありますし。で、これの指揮は誰でしたっけ?!もう忘れてます。ココが一番大事な事なのに忘れてます。「ミー・アンド・マイガール」は塩田さんですね。「エリザベート」が西野さんで、「マリー・アントワネット」が塩田さんだったと。じゃ、西野さんだったかな?!(爆)舞台を観に行ってるくせにフリボー見てるようですけど、けっこう大切なことなんですよね。「レ・ミゼラブル」でそのことがよく分かりましたからね。1月に観て、まるで別の作品のようでびっくりしました。最初の音の一つだけでも違うので驚きましたから。で、「ダンス・オブ・ヴァンパイア」の前売りの日にちを見て「そろそろ7月8月のことも考えなくっちゃ」と思い始めました。でも、そんな先の事を考えるのって難しいのですよね。
posted by HIROKO at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々な舞台関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

ジャベールとヴィットリオの似たところ

「レ・ミゼラブル」のジャベールと宝塚花組公演「落陽のパレルモ」のヴィットリオは似たところが数カ所ありました。(爆)な、なんと!!!同じ型のブーツを履いてます。ジャベールは変装中?!の1幕最後から2幕のバリケードの辺りです。ヴィットリオはアンリエッタのお部屋に忍び込むところ。で、おまけに高いところをよじのぼったり降りたりまでしてるのは同じ。で、疑問「あの砦は高さは何階なんでしょうか?」ちなみに、アンリエッタのお部屋は5階ほどあるらしいですがね。(CSの春野さんのコメントによるとですがね。ふづきさんは「2階」と言ってますが。)ほかにも似たところはいっぱいで観ていて楽しいのですが・・・。(もちろんへんてこな妄想は無しです。)どうやら東京のヴィットリオ君は梅田のジャベールのようにぴょんと降りたりしないらしいんです。また共通項が増えてます。だけど違うところは山ほどありますのでご注意を。まず、時代が違いますし。でもレミを観た後に観たらどう感じるんでしょうねぇ。ちょっと楽しみなんですがね。逆の時でさえ、あのブーツには注目してしまいました。(爆)「ほらっ、夜這いのブーツ」(あ、言っちゃった..。)ちなみに誤解がないように言いますと、ジャベールは夜這いなんぞしてませんから。ヴィットリオですから。(笑)
posted by HIROKO at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々な舞台関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。